ピジョン「ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブック」を紹介

早産関連ニュース

哺乳瓶でおなじみ、ピジョン株式会社が発行している「ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートBOOK」をご存じですか?

34週以降の後期早産を対象とし、NICU・GCUに入院した後期早産児とそのご家族向け冊子として作成されています。何と無償で配布してくださっていますよ♪取り寄せて拝見しましたが、専門家や同じ経験をした人のお話も豊富で、後期早産でなくても参考になる内容でしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ピジョン「ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブック」とは?

「ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートBOOK」は、2020年3月~ピジョン株式会社が発行している冊子で、NICUやGCUに入院した赤ちゃんの家族に読んでほしい内容となっています。ちょっと早く…は34週~36週の後期早産とされていますが、この週数でなくても赤ちゃんが入院したことのある家族に参考となる内容がたくさんありました。

無償で作成されていて、希望した病院で配布もされているようなので、もしかしたら手にしたママもいらっしゃるかもしれません。病院でもらえなかったとしても、ネットで見ることもできますし、取り寄せもできます。フルカラーですごくしっかりとした冊子で作りこまれているものなので、できれば郵送でもらえるといいかな~と思いますよ!

 

問い合わせはコチラ↓

プレママ・ママ向け情報-ピジョンにっこり授乳期研究会
授乳、ママのカラダとココロ、子育て支援など妊婦さん・ママが知っておきたい情報とお役立ちツールを紹介します。授乳期研究会のプレママ・ママ向けコンテンツ。

ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブックの良いところ

ピジョンが作成しているちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブックは、全編オリジナル挿絵で温かみがある雰囲気でとても良かったです。

また、ママの声に加え、医師や看護師、臨床心理士といった専門家のメッセージもたくさんあるのが特徴。後期早産を対象に考えられているので、入院期間が短くママへの心身へのサポートが少ない、そういうママに寄り添った内容となっているからだと思います。

パパに向けたページもあり、家族で読むとお互いの理解が深まるのではないかな~と思いました。女性の愛情曲線も掲載されています(笑)産後のママはどんな状態か?周りができることが何か?支えがあるのとないのとでは大違いですからね~。将来的に重要です!

NICUやGCU、搾乳のことなど、優しくかみ砕いて書いてあるので分かりやすいです。搾乳機や母乳パックでお世話になったピジョンなので、授乳や授乳に関するページも充実しています。だって「Pigeon 赤ちゃんとママのにっこり授乳期研修会」の編集ですから~!

サポートブックだけでなく、 フォトギャラリー動画もあります。

冊子やをフォトギャラリーを通して、

かか
かか

こんな気持ちや経験は、自分だけじゃないんだ!

そう思えるだけでも、すーっと気持ちが軽くなりますよね。小さな成長を喜べる、少し前を向く、そんなきっかけになるサポートブックではないでしょうか。

ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブックの少し残念なところ

ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブックは、とても素晴らしい冊子なのですが、少しだけ残念なところがあります。それは…

後期早産のちょっとだけ早く生まれた赤ちゃんの家族を対象としているところ。

早産・低出生体重児として生まれる赤ちゃんの約8割が後期早産であるにも関わらず、重症度が低く入院期間も短いことからサポートを受けにくいことが、冊子作成のきっかけになっているようです。だけど、後期早産でなくても関わりがある内容なので、少し早くうまれた赤ちゃんのサポートブックでもいいのではないか?と思うのです。

週数や体重によって、またママの性格や状況にもよって響く言葉は違うし、もしかしたら傷ついてしまうかもしれないのですが…何週で生まれても何gで生まれても心配したり不安になったりする気持ちは同じです。せっかくなら早産全般に対するサポートブックとして作成してほしかったな~と思います。よくできている冊子なのでなおさらもったいない!という気がするのです。

もうひとつ。十人十色の育児というページがあって、山あり谷ありの育児をビジュアル化してあります。どれも出産後、崖から突き落とされてるんですよねー。確かに、崖から突き落とされた気分でしたし、あれほどどん底気分を味わうこともそうそうないし、いずれ育児が軌道に乗るんですが…

何というか、絵で改めて産後を振り返るのはちょっと辛いな…と思いました。事実なんですけど。。。個人的な受け取り方の問題なので、さらっと読み流せば大丈夫ですよ!

ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブック まとめ

ちょっと早く生まれた赤ちゃんのサポートブックは、NICU・GCUに入院した赤ちゃんの家族におすすめの冊子です。無料ですし、デジタルブックでも郵送でも見ることができます。気になったらチェックしてみてください!

プレママ・ママ向け情報-ピジョンにっこり授乳期研究会
授乳、ママのカラダとココロ、子育て支援など妊婦さん・ママが知っておきたい情報とお役立ちツールを紹介します。授乳期研究会のプレママ・ママ向けコンテンツ。

ママだけでなく、パパや祖父母にも読んでもらいたい内容です。こんな素敵な活動をしてくださっているPigeonにっこり授乳期研究会さんに感謝!記録をつけていくタイプの冊子ではないので、記録を残したい場合はリトルベビーハンドブックを探してみてくださいね。

リトルベビーハンドブック発行自治体一覧【2021年最新状況】
リトルベビーハンドブックの発行が増えてきています。インターネットやSNSでの拡散もあってか、リトルベビーとそのママへの支...

 

 

コメント