臍帯血バンクが赤ちゃんの未来を救うかもしれない?今後に注目!

早産関連ニュース

臍帯血(さいたいけつ)ってご存知ですか?聞いたことはあるけどよく分からないという方が多いのではないでしょうか?(私は最近知った…)
臍帯血は出産時にしか採取できない貴重な血液で、白血病などの病気の治療に役立てたり、再生医療に活用したりすることができます。その臍帯血を保管しておくのが臍帯血バンクです。
早産は急な出産になることが多いので、臍帯血バンクの存在を後から知る人が多いかもしれませんが、2人目、3人目…と考えた場合に知っておきたかったかな~と思ったので情報をシェアします。

スポンサーリンク

臍帯血って何?

臍帯血は、胎盤とへその緒の中にある血液のこと。臍帯血には、身体の細胞や血液の元になる幹細胞がたくさん含まれています。幹細胞は治療に使えるだけでなく、神経や障害が起きている場所の炎症を鎮めることが分かっています。さい帯血は、白血病・脳性まひ・自閉症・小児難聴といった赤ちゃん特有の病気の治療に役立つ可能性を秘めているんです。

また、臍帯血はへその緒を切ってから採取するので、ママにも赤ちゃんにも痛みや危険もありません。安全なうえ、臍帯血が白血病や先天性の疾患、再生医療に利用できることから、妊婦さんから注目を集めるようになったんですね~。

ただし、臍帯血の一番のネックは採取できる病院が限られていること。そのうえ、出産後の数分間にしか採取できない貴重な血液なので、出産する病院で臍帯血採取に対応しているのか?事前に調べておかないといけません。

臍帯血提供や保管に興味がある方は、早めに確認しておいてください。

臍帯血提供と民間臍帯血バンクの違い

臍帯血は公的な臍帯血バンクに提供する方法と、民間の臍帯血バングで保管する方法があります。公的な臍帯血バンクは治療が必要となった第三者への提供が前提ですが、民間の臍帯血バンクは自身や家族のために保管しておくものです。

臍帯血を誰かの何かしらの治療に役立ててもらいたい場合、臍帯血の寄付ができます。全国にある臍帯血バンクと連携している病院を調べておきましょう。

臍帯血移植を支える人々|臍帯血支援サイト
臍帯血を採取できる病院は、全国臍帯血バンク提携施設となります。
公的さい帯血バンクと提携している採取施設|造血幹細胞移植情報サービス|日本赤十字社
北海道: 日本赤十字社北海道さい帯血&#124...

リストになくても対応している可能性がありますので、出産する予定の病院で聞いてみてください。

かか
かか

公的臍帯血バンクの連携病院に、早産でお世話になった病院の名前もあってビックリ。通常の出産に限られるかもしれないけど、同じ場で臍帯血採取しているとは知りませんでした。

一方で、臍帯血を自分の子や家族のために保管しておきたい場合、民間臍帯血バンクがあります。高知大学では、プライベートバンクで保管していた臍帯血を脳性まひの兄弟へ輸血する臨床実験も行われています。

出産前に契約書などが必要となり、採取キットが送られてくるので、早めに資料請求しておいてください。

「民間さい帯血バンク」資料請求はこちら

ただし、民間の臍帯血プライベートバンクは、厚生労働省に届出を行い実地調査済みの会社にしましょう。過去に届出のされていない臍帯血バンクでトラブルもおきていますのでご注意を。

赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(臍帯血関連情報)|厚生労働省
赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(臍帯血関連情報)について紹介しています。

上記のように、安心できる民間の臍帯血バンクは、ステムセルとアイルの2社です。

ステムセル

アイル臍帯血ファミリーバンク

さいたい血ドットコム|臍帯血(さい帯血)医療サービス|株式会社アイル
株式会社アイルは、さい帯血の細胞の保存から医療までをサポート。将来の再生医療に役立つ若い細胞を出産時に保存しておきませんか。

身内の血液を身内だけで使用する安心感はありますよね。家族に何かあった時の保険と思って保管するママも多いそうです。ただ、民間の臍帯血プライベートバンクは費用もかかります。

民間臍帯血バンクは資料請求して、納得したうえで契約してくださいね!

早産の場合でも臍帯血は取れるのか?

早産の場合、緊急で出産になるケースが多いと思います。ママと赤ちゃんの安全が最優先なので、臍帯血の採取ができない可能性が高いです。なので民間バンクの場合、採取できない場合は料金が発生しない契約になっているか?よく確認しておいてください。

例:ステムセル

早産の時に臍帯血の採取ができなくても、次子の出産時にはできるかもしれません。早産になると次も早産になる可能性が高いとは言われていますが、そうとも限らないです。もし採取できた臍帯血で治療できるとしたら…希望になりますよね。

早く知りたかった!臍帯血バンク まとめ

臍帯血バンクのことはつい最近まで知りませんでした。妊婦の時に早く知っておきたかったな~と思います。

1.公的臍帯血バンクは寄付。連携している病院で提供可能
2.民間臍帯血バンクは自身や家族のために保管。出産する病院で対応可能か事前に確認しておく

私の場合、緊急帝王切開だったので臍帯血どころの騒ぎではなかった…上の子は正期産だったけど臍帯血の存在を知らなかった。どうせなら、誰かの役にたてるよう臍帯血バンクに提供したかったな。。。

今後の臍帯血採取の広がりと再生医療の拡大に期待したいです。

 

コメント